ダイニングテーブルの選び方|注意しておくべき5つのポイント

Pocket

知っておくべき一人分のテーブルサイズ

ダイニングテーブルの選び方と検索すると、ほとんどのサイトでも説明がありますが、ここでも簡単に一人分に必要なテーブルのサイズについて触れたいと思います。

  • 奥行:35~40センチ
  • 幅:60~70センチ

これは、人ひとりが快適に食事をするのに必要なスペースと言われています。隣り合う人と肘が当たらず、なおかつ天板においた食器なども窮屈でなく余裕をもったサイズであるといわれています。つまり奥行は80センチ以上あることを確認できれば、あとは幅のサイズを60~70で割ればテーブに何人余裕をもって座れるかを計算することができます。

もちろん大抵の場合は4人掛けテーブル2人掛けテーブルとうたわれているのでさほど心配する必要はありませんが輸入雑貨などのものであったりネットで購入する場合にはこのようなサイズを基準にした方が良いでしょう。

使用人数は何人かを想定しておく

 

ダイニングテーブルを選ぶ際にもっとも注意するポイントが何人で利用することがあるのかを把握することです。2人暮らしだから二人分のサイズがあればいいやと考えていないでしょうか。

新婚さんであれば、子供がうまれて大きくなった時に2人用のダイニングテーブルは使えるでしょうか。もしくは、ご両親が遊びに来た時に座る場所はあるでしょうか。

ダイニングは人が集まる場所です。もちろん最低限のサイズは住んでいる人数分ですが、来客時にある程度の人数がすわれるようなサイズが理想です。

  • 1人暮らしであれば2人用
  • 新婚であれば4人用
  • 5人家族であれば、6人~8人用

といった具合に住んでいる人数プラス1~2が理想のダイニングテーブルサイズといえるのではないでしょうか。

誰がメインで使うのかを考える

ダイニングテーブルを選ぶさい、普段よく使う人のサイズを中心にすることが必要です。

新婚であれば大抵、女性の方がダイニングテーブルを選ぶパターンが多いかと思いますが、中には男性の方が選ぶ場合もあるのではないでしょうか。

普段利用することが多い人のサイズでテーブルの高さや椅子のサイズを選びましょう。

とくに座面の高さには賛否両論ですが、身長の約1/4が理想と言われています。例えば奥様の伸長が154cmだった場合には、座面高が38.5cm(約40cm)であるものがよく、さらにテーブルの高さはプラス30cm程ですのでテーブルの高さが70cmのものが理想ではあります。

部屋のテイストを考える

インテリアの一つ一つのデザインだけでコーディネートしてしまうと、部屋全体の統一が取れません。デザイン業界での基本といわれている「トンマナを合わせる」ように家具もテイストを統一する必要があります。

まずは色・色調を統一する必要があります。具体的には白系で統一している部屋に対して原色に近い色であると、そこに部屋のアクセントが置かれます。逆に部屋全体の色調に合わせた家具を選ぶことで部屋の雰囲気を壊さず広々とした雰囲気を醸し出すことができます。

ダイニングテーブルを選ぶ際に、木目調のパーツがある収納や壁の雰囲気等があれば木目のカラーが似通っているものをおすすめします。そうすることで木のカントリー調や優しい、柔らかい雰囲気を醸し出すことができます。

椅子のかたちをしらべる

ダイニングチェアのタイプとして大きく三つ分かれます。

  • 肘無しタイプ
  • 肘付タイプ
  • ベンチタイプ

中には回転タイプのものもありますが、今回はこの三つしぼってご紹介します。

肘無しタイプの特徴としては、座ったり立ったりの動作がしやすいという点です。ダイニングにじっくりと長くすわることがなく、食事やちょっとの時間の雑談などをする場所である場合には、この肘無しタイプが移動しやすく重宝されます。

一方で、肘付タイプはある程度の時間チェアに座る可能性がある場合です。例えば、ダイニングとリビングの距離が近く、ダイニングに座ってテレビをみることがある場合などにはこの肘付タイプが便利です。また高齢者の場合は、立ち上がるときに支えがある方が好まれます。

最後にベンチタイプですが、ベンチタイプは子どもなどがいる場合に2人の幅に対して3人座ることが可能です。また、小さい子供と一緒にすわり食事のサポートなどをする際にも椅子の隔たりがない分スムーズです。